そうだ 開封、しよう。
ペルソナ4の記事を書いています。P4好きの方は是非ブックマークを…!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の咲く丘を散策 ~耳をすませば~ #2
耳をすませばの舞台探訪(聖地巡礼)の第2回目です。
今回は聖蹟桜ヶ丘駅~いろは坂桜公園までをまとめます。

CIMG0870.jpg

この駅前通りをまっすぐに行くと、いろは坂にたどり着きます。
劇中では、雫が杉の宮駅~市立図書館に向かう際に通るルートです。
ちなみに、市立図書館は実際には存在しませんが、いろは坂桜公園の場所に存在すると
言われているそうです…。

CIMG0871.jpg

駅前通りは見ごろを過ぎた桜の並木が続いています。
「桜ヶ丘」というだけあって、桜が咲いてたら綺麗な場所だったんだろうなぁと後悔。

CIMG0873.jpg

もう少し早ければ絶景だったであろうに…。

CIMG0874.jpg

しばらく進むと橋が見えて来ます。

CIMG0876.jpg

この風景!見たことあるぞ!
このシーンはそっくりそのまま劇中に登場します。かなり感動!雫がいそう!
いやぁ、公開からたいぶ経ちますが、町並みは変わらないものですね。

CIMG0877.jpg

川のそばを通って雫が帰宅するシーンがありましたが、このあたりかな。
ちなみに、後ろに見える何もない斜面は、通称「耳丘」と呼ばれています。
エンディングの、秘密の場所のモデルとなった場所といわれています。
一部のマナーの悪い人の影響で、現在は立ち入り禁止となりました。
侵入すると不法侵入になりますのでやめましょう。

CIMG0880.jpg

反対側は整備されて綺麗になっています。
川岸に降りられるようですね。

CIMG0879.jpg

さて、いろは坂に目を向けて登っていきます。

CIMG0881.jpg

いろは坂という名前だけに、急カーブが続きます。

CIMG0885.jpg

いざ!いろは坂を上ります。

CIMG0886.jpg

急カーブなので車道には注意を促すペイントが。
あまり車の通りは多くなくて、歩きやすいです。

CIMG0887.jpg

地球屋みたいな建物はあるかな~?

CIMG0888.jpg

振り返ると聖蹟桜ヶ丘駅前の建物が見えます。

CIMG0891.jpg

丘に沿って住宅が立ち並んでいます。
こういうところに住みたいけど金持ちしか住めないんだろうなぁ。

CIMG0892.jpg

どんどん上ります。

CIMG0893.jpg

景色が良くなってきた!
こんなシーン、耳をすませばにあったよね。

CIMG0894.jpg

階段を発見!あのセリフを発したくなりますが、まだ我慢。
階段とか坂の多い町ってアニメに良く出てくる気がするなぁ。

CIMG0895.jpg

いろは坂桜公園が見えて来ました。

CIMG0896.jpg

だいぶ上りました。めっちゃいい眺め…!
空に浮いてるみたい・・・。

CIMG0897.jpg

駅前の京王デパートをアップで。
このマークとロゴは劇中でも同じです。
もうこんなに遠くに来てしまいました。

CIMG0898.jpg

坂が結構急なので歩きやすい靴を履いてこないと大変です。

CIMG0901.jpg

さぁ、そこが公園の入り口です。
劇中ではここに市立図書館があります。ナイス立地。

CIMG0902.jpg

いろは坂桜公園に到着です。

今回の記事はここまで。
次回はいろは坂桜公園からの眺めと、いろは坂桜公園~天守台までのレポです。
あの神社もあるよ!それでは次回もお楽しみに…!
スポンサーサイト

テーマ:ジブリ - ジャンル:アニメ・コミック

桜の咲く丘を散策 ~耳をすませば~ #1
今回の記事は、以前の記事でちらっと紹介しましたが、
耳をすませばのモデル地(聖地)に舞台探訪問(聖地巡礼)してきたのでそのレポです。

耳をすませばは、1995年に公開されたスタジオジブリの映画です。
監督は、今は亡き近藤喜文監督。
ざっと内容を説明すると、読書好きな主人公の月島雫と、ヴァイオリン職人を目指す、
天沢聖司の甘い恋を描く青春ストーリーです。
日常の描写はスタジオジブリの中でも最高峰ではないかと個人的に思ってます。

天沢聖司の行動がどう見てもストーカーまがいの行動であったり、
お父さんの声が棒読みであったりと、色々ネタにも事欠かない作品です。

そんな作品の舞台が、東京都多摩市にある、聖蹟桜ヶ丘。
新宿駅から京王線で約30分、都会から離れ、緑豊かな多摩丘陵に位置する、閑静な街です。
かの有名な多摩ニュータウンのあるあたり、といえばわかりやすいかも。

CIMG0861.jpg

こちらが、物語の舞台となる、聖蹟桜ヶ丘のゲートウエイ、聖蹟桜ヶ丘駅です。
耳をすませばの公開が1995年ということで、約17年前となりますが、趣はそのまま。
すぐにでもムーンが電車から降りて、その後から雫が追いかけていく光景が目に浮かびます。

CIMG0863.jpg

このアングル、実際に映画でも登場しましたね。
映画だと杉の宮駅となっていました。

CIMG0864.jpg

そしてこの聖蹟桜ヶ丘駅前広場には、なんと!耳をすませばのモデル地ロケマップなるものが!
いわば、公式公認のモデル地となっている訳です。
近頃は色々と聖地巡礼ビジネスが盛んですからね。
らき☆すたの鷲宮、けいおん!の豊郷、たまゆらの竹原など…。

その中でも、この聖蹟桜ヶ丘は聖地巡礼の元祖!と言われるほどでもありまして、
かつて耳の丘騒動なるものもありまして、聖地巡礼モデルの光と影を示した例でもあります。

CIMG0867.jpg

そんな複雑な事情を抱えた聖蹟桜ヶ丘な訳ですが、実は色々な作品の聖地でもあります。
とある魔術の禁書目録、Fate、放浪息子などなど…。
街並みが綺麗で、緑も多いこの街はアニメのモデルにしやすいということですね。

そして、何を隠そう、ペルソナ4の聖地でもあったんですね(驚)
アニメ版の沖奈市のモデルがまんま聖蹟桜ヶ丘です。

この記事でも少し紹介しますが、詳しいレポは、ひきこもりかけブログさんの記事をどうぞ↓
http://ameblo.jp/pachuca33/entry-11069729072.html

CIMG0868.jpg

このへんのスタバがペルソナ4に登場したのがよく覚えています。

CIMG0869.jpg

そしてスタバの脇には、VITA。P4Gか!?
ちなみに、このビルにはアニメイトやブックオフが入ってました。
アニメ好きにも優しい聖蹟桜ヶ丘です。
寄ってないけどアニメイトは耳をすませばグッズが多いとかあったのかな?未確認です。

CIMG0866.jpg

ちょっと話が脇道にそれましたが、こちらが雫がムーンを見失った交差点です。
もう17年もたっちゃうとねぇ…後影もないよねぇ…。
まぁ、でもここを雫が通ったのか~!と納得しながら交差点を渡り、いろは坂を目指します。

次回へ続く…!

テーマ:ジブリ - ジャンル:アニメ・コミック



プロフィール

しそつくね

Author:しそつくね
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。